月別: 2016年10月

アフターケア

美容整形技術の進化により、施術後のダウンタイムや身体への負担が随分と軽減されるようになりました。ダウンタイムとは、施術後の腫れや出血など美容整形に伴う症状が治まり見た目にも生活に支障がないまでに戻る期間のことです。美容整形では、アフターケアをないがしろにするとこのダウンタイムが長引いてしまう事もあります。そのため、美容整形は施術をしたら終わりではなく、アフターケアをしっかりとする事が重要なのです。

美容整形は、その種類によって特にアフターケアが重要なものがあります。施術に時間が掛かる様な大きなものほど、アフターケアも重要になります。例えば、豊胸手術などはアフターケアの仕方によってその後の結果にかなりの違いが出る施術のひとつです。他の施術もアフターケアを適切に行うことで、身体や傷の回復を早めることが出来るのです。

アフターケアは、病院で行うものもあれば、指導にしたがって自宅でもケアをする必要があるものがあります。施術だけではなく、アフターケアについても熱心に指導してくれる病院を選ぶと安心です。また、ただダウンタイムを短くして身体の回復を早めることだけがアフターケアではありません。施術後の不安を解消するために、相談に乗ってくれることもアフターケアの大切な一環なのです。

施術を受ける

施術当日はメイクをしていっても良いのか、という疑問がありますが、メイクをしていっても大抵の病院ではクレンジングをする事が出来るスペースがあります。ですから、メイクをしていってもいい病院が多いでしょう。ただ、施術の際には必ずメイクを落とさなければいけないので、始めからメイクをしていかない方がスムーズでしょう。中にはそういったスペースがない病院もあるので、事前に問い合わせをしておくと良いでしょう。

施術に掛かる時間は、施術の内容や種類によって異なります。プチ整形の場合は、たったの10分程度で施術は完了しますが、中には1泊2日の入院が必要な施術もあります。しかし、多くの施術は入院なしで日帰りで行う事が出来ますし、大抵の美容整形は施術回数は1回で終了します。

施術後は、そのままメイクをして帰宅する事が出来る場合も多いので、メイクをするなら道具を持参しておかなければいけません。また、メイクが出来ない場合はサングラスやマスクを用意しておくといいでしょう。また、施術当日に体調が悪い場合はあまり無理をせずに病院へ相談をしてください。美容整形の施術は、身体に負担をかけないような方法がとられていますが、麻酔などを使用するので体調を万全に整えて臨むことが望ましいのです。